本文へスキップ

一般社団法人ウクレレサポート協会 UKULELE SUPPORT SOCIETY

○○○○○○○○○○○○○○○一般社団法人ウクレレサポート協会

一般社団法人ウクレレサポート協会のホームページへの訪問ありがとうございます。

私たち一般社団法人ウクレレサポート協会は、東日本大震災で被害を受けた東北の皆さんを応援するために、出来る事を微力も微力ながらにも、がんばっぺしと思って活動を始めたボランティア団体です。「三陸復興応援プロジェクト」を中心に、ウクレレを通じた社会貢献活動を行っています。

⇒ 協会からのお知らせ【NEWS】


ウクレレで笑顔、元気を届けよう!

活動報告写真

音楽、ウクレレやフラを通し
サポート活動の輪を広げよう!
平成23年3月11日の東日本大震災により代表理事である山本千香の故郷の岩手県宮古市が被災し、父親の実家が津波で流されるなど甚大な被害を受けました。震災後すぐに宮古市のNPO法人の方と連絡を取り、ウクレレ仲間などから古着や保存食などをいただいて、段ボールで何箱も送らせていただきました。
平成23年5月に震災後初めて現地を訪問して被災地の現状を確認し、ニュースなどでも物資面では十分に足りてきたという情報があったため、次はウクレレで心の癒しを届けたいという思いからデイジー☆どぶゆき氏をはじめとしたウクレレ仲間に声をかけ、ウクレレによる支援活動「三陸復興応援プロジェクト」を始めることになりました。 その後は、現地の社会福祉協議会やボランティア団体などと連携を取りながら、三陸地域でのウクレレの寄贈や仮設住宅等での交流などを中心にボランティア活動を行っております。


社会貢献も積極的に活動しています

活動報告写真

ちびっ子やご年配の方へウクレレやフラダンスを体験してもらおう!被災地などで活動していると気づくことがありました。
それは、ウクレレやフラダンスをやってみたいと感じていただけるちびっ子やおじいちゃん、おばあちゃんがとても多いということです。
ウクレレという楽器がとても始めやすく、お子さんやご年配の方でも我々が心配していた以上に熱中して取り組んでいただくことができます。
年配の方の中には、童謡などをウクレレの伴奏で一緒に歌って、思わず涙ぐむ方もいらっしゃいます。 またハワイアンの音色は心も癒され、女性の方にはフラダンスも興味をもって取り組んでいただけました。
私たちは大人だけでなく、幼稚園や小学生、ご年配の方などを対象にウクレレやフラダンスの体験に取り組んでいます。


仲間をつくって、ウクレレの輪を広げよう!

活動報告写真

代表理事を始め、ウクレレサポート協会の運営スタッフはプロのミュージシャンではありません。 ウクレレやフラダンス、音楽が好きなだけの、普通の主婦であり、会社員です。 どんなにうまく演奏できても、ウクレレやフラダンスが好きで自分たちが楽しめないとボランティアやチャリティ活動を続けていくことは難しいと思います。
やるからには上手になりたいというのが正直なところです。一人で練習するよりも仲間をつくって、皆で楽しく、刺激しあいながら上達していきたいと思っています。
そんな想いで、交流会や練習会を時々開催していきたいと思っています。

■協会メンバーによる活動チーム 「レレサポ隊」
   ⇒  レレサポ隊の交流記録 [BLOG]
   ⇒  レレサポ隊の活動記録サイト


協会からのお知らせtopics

レレサポ企画の開催のお知らせ


2016.5/7 ウクレレチャリティライブ
 
  Open 17:30 Start 18:00


素敵なゲストをお迎えしての音楽をたのしむひととき
三陸復興応援プロジェクトの活動報告の時間をいただいてます。

チャージ \3,000
開催内容はこちら。
会場:新横浜ベルズ
http://www.kiwaya.com/


新着情報news

2015年4月20日
サイトをリニューアルしました。

一般社団法人ウクレレサポート協会

〒244-0804
神奈川県横浜市戸塚区前田町270-1-103
(山本方)

TEL 080-3302-1489

info@ukulele-support.sakura.ne.jp